保勘平様式抹茶椀(極暗紫色)
通報する

保勘平様式抹茶椀(極暗紫色)

122mm×122mm×68mm 天然木(きやき)・天然漆使用・輪島塗工法

輪島塗工法と地吹き工法に拠る抹茶椀、及び椀、
地吹き工法とは主にお面や升などを塗る工法ですが、これを更に分離して、輪島地の粉と生漆を特殊な方法で表面に塗り重ねた、大変強度のある漆器です。

この工法の一部は1930年から1947年くらいまで日本に存在しましたが、西暦2018年10月現在、この工法で製作される漆器は世界中に1つも存在しない事、また1930年代の技法に大きな改変が加えられている事から、夏未夕漆綾では所在地である「保勘平」(ほうかんひら)の地名を由来とする「保勘平様式」として技術確定させて頂きました製品です。




¥ 9,000

※こちらの価格には消費税が含まれています。

※この商品は送料無料です。

ショップの評価