「白いカーディガン」・2 | 古典漆芸技術 夏未夕漆綾

2018/06/15 04:57


初めて核家族と言う概念を世に知らしめたのは1949年、アメリカの文化人類学者GP・マードックだが、ここで使われた「核」とは物質の最小単位である「原子核」を意味していて、これ以上分割することができない、最小単位としての家族を「核家族」と呼んだのであり、これは夫婦とその子供、または片親とその子供と言った関係までを指している。

従って日本に措ける三世代家族とは核家族の結合家族と考えられていて、親の核家族と長男の核家族が、長男を接点にして結合したものと言うことができるが、日本は太平洋戦争後核家族化が進み、そこでこうした核家族の問題点が多く発生し、また社会やマスコミもこの問題を取り上げたことから、どうしても戦前の家族は核家族が少なく、理想的な家族関係が有ったのではないか、それに比べて戦後は核家族が異様に増加したのではないかと考えがちだが、この認識は改めたほうが良い。

実は日本の核家族化は戦前から始まっており、昭和16年(1941年)でも、日本の家族形態は核家族が53%を占めていて三世代家族は39%に過ぎなかった。
そしてこれが1993年の調査では核家族が59・4%、三世代家族は12・8%であり、確かに三世代家族は減少したものの、核家族はそれほど顕著に増加しているとは言いがたく、またこの核家族化は減少傾向になってきている。

すなわち親となる世代の高齢化に伴う介護の必要性から、日本の家族はこれから出生する子供はいなくても、高齢者と同居して介護をしなければならなくなる家庭が増加するためで、事実1980年代後半から核家族の割合は微弱ながら減少に向かっていて、これから更に経済が冷え込み、経済的困窮人口が増加することを鑑みるなら、核家族は厳しい現実の前に更に加速度をつけて、減少していく場面を迎える可能性も否定できない。

そして我々が核家族化による問題点としてきたものは、実はその少ない家族人数が引き起こしていたのではなく、家族と言う概念にあるその「精神性」の崩壊に原因があったとすべきかも知れない。
つまり単身赴任で事実上の別居となっている父親を家族と考える、このことを否定する者は少ないだろう。
しかし田舎で一人暮らしをする祖母を家族と看做すかと言う点では、恐らく夫と妻の意見は分かれるのではないだろうか。

またその子供にとっては年に1度しか会ったことのない祖母、それをそもそも家族の概念がはっきりしない子供が判断することは難しく、結局そこでは通学している学校などの関係と、万一板ばさみになったとしたらどのような選択をするか、さらには経済的理由でも、例えば夫の父親を家族とするか、つまり絶対的な責任を家族全員が夫の父親に対して感じるかと言えば、これは難しいに違いない。

家族の意見とは何かを考えたとき、確かに戦前であれば道徳的建前が相互監視される状態で社会が動いてきたことから、道徳上の一般概念を家族と言う単位で否定することはできなかったが、現代のように経済が重視される社会に有っては、家族の意見と言えば妻の意見が優先される、若しくはもし多数決の原理を用いるなら、妻と子供が反対すれば、父親はそこで自分の親であってもそれを家族と考える事を否定されることになるのである。

その上で近年増加してきている離婚、そして再婚だが、こうした関係では更に家族が不透明となって行き、例えば夫の前妻との子供と新しい妻の関係、妻の前夫との子供と夫の前妻との子供の関係、さらには妻に引き取られた子供と夫に引き取られた子供の関係など、そうしたことを考えるなら親子、兄弟姉妹と言っても血で繋がった者が家族であると言う概念は一般化できなくなりつつある。

血で繋がらないものが家族となり、血で繋がった者が他人となってしまうことも家族には有り得るのであり、ここで家族をもう一度深く考えるなら、家族は血で繋がっていることをして、また現実に暮らしを共にしているから家族と呼ぶのではない。
そこには自身がどうしても妥協できない精神性、つまりは思いによって、また互いが家族と認め合う「概念」によってしか、家族と言うものが成立しないものだと言うことである。

また極度に成熟した社会は、そこに個人の享楽的嗜好までも個性や自由と看做す風潮を発生せしめ、ここでは例えば30年前までは許されなかったものまでその許容範囲が広がり、公序良俗に鑑みて不道徳とされる男女の関係まで含めて、あらゆるモラルが破壊され一般化し、その中で家族と言う概念よりは経済、また個人の快楽に重点にが置かれた形骸的「家族」も増加している。

子供を連れて結婚し、そして結局夫婦生活に重点が置かれるなら、そこでは間違いなく子供はいつか邪魔になってしまう。
では子供は祖父母の元へと考えても、祖父母もまた自身らの生活を重視することから、特に年齢の若い祖父母ほど孫を家族とする概念が薄く、従って子供は行き場を失うが、子供にとっての唯一の頼りは「血の繋がり」でしかない。

どんなに辛い目に遭っても、そこしか帰る道のない子供のことを考えるなら、安易に肉体的快楽の為に婚姻関係を継続する、また子供に暴力を振るう男を許容するなどは、主観では有るが、私は容認できない。
そしてこうしたことは、ある種社会が共通に含み持つ道徳観でしか留めることはできない。
法は常に結果論でしかない。
いつも人を監視することはできず、従って自分の監視は自分が行うのが最も理想であり、この点で他の事はともかく、子供の命に関わることは最低限のルールを守る社会、または子供の命を最優先させる「家族」の概念が必要となる。

男と女、婚姻関係の乱れは家族の乱れとなり、そして社会のあらゆるモラルを少しずつ壊していく。
だからこそ男と女の関係の乱れは国家の危機に繋がるのであり、ここで冒頭の話に立ち返るなら、寒い冬に捨てていくわが子であっても、そこに自分が着ていたカーディガンを脱ぎ、それを着せて去って行った母親の思いと、後年成長し、そのカーディガンを大切に保管し、自身を捨てた母親に感謝する息子の有り様、私はこの親子の関係をして理想ではないにしても、何か大切な親子と言う最小単位の家族が持つべき真実を見る思いがするのである・・・。