BLOG | 古典漆芸技術 夏未夕漆綾

2021/03/09 18:15

「鉞(まさかり)を研ぐ子供」・Ⅰ

ある村の近くの山で炭焼きを生業としている男があった。だがこの男の暮らしは貧しく、食うや食わずの毎日で、既にもう何日も食べるものを口にしておらず、その日も朝から村へ炭を売りに行ったが、炭はいっこうに...

2021/03/09 18:14

「東日本大震災への思い」

2011年3月11日は忘れることができない日だった・・・。 前年から高い気温が続き、多くの魚の異常はその数年前から続きながら、何も発生していなかった為、2010年、私は「何か大変なことが起こる」と、幾度と...

2021/03/07 21:33

「離脱」

人間社会が見ている「道」とは一見一本のまっすぐな道のように見えるが、その現実は小さな道の束で、しかもそれらの一本々々には決まっている長さが有り、ちょうど長さが決まっている稲藁(いなわら)で編まれた...

2021/02/21 17:55

「飢え」

千葉県鴨川市から館山へ抜けるルート128号、この途中に江見海水浴場が在り、現在は閉じられているが、海から少し離れた土手に座り、113円のコンビニおにぎり2個を微糖コーヒーで流し込みながら、打ち寄せ...

2021/02/18 16:52

「景気の悪い顔をしてるんじゃないよ」

20世紀を代表する歴史作家「司馬遼太郎」は晩年、「このままだと日本は亡くなってしまう」と言っていたが、彼の言葉を借りるなら、既に日本は亡くなっていると私は思う。 明治維新で背伸びして列強を目指...

2021/02/14 17:51

「2月13日発生、福島県沖地震に関して」

2021年2月13日23時08分、福島県沖、北緯37・6度、東経141・8度の地点で推定M7・1~7・3の地震が発生し、東北では最大震度6強を観測した地域が有ります。 この地震の震源の深さは51k...

2021/02/10 18:14

「水平線の先送り」

将棋や囲碁など2人でプレーするゲームに措ける次の一手を推論するとき、現状の手から伸びる次の手は何本かの選択枝(選択肢ではない)となって現れ、その次の手になると以前の手から更に何本かの選択枝が出て、...

2021/02/06 17:45

「否定キーワード」

10粒の豆を上から下へ播いた(まいた)時、その各々の豆が行き着く先は地面なら重力と回転に拠る慣性の運動力が弱まった時一番近くに在る窪みであり、板の間なら微妙な傾斜の一番低い場所へと豆は転がっていく...

2021/02/04 18:43

「フードマイレージ」

日本全土に存在する農業生産が可能な土地の面積はおおよそ510万ヘクタール・・・。 これに拠って日本国内で必要とされる食料の38%が賄われている訳だが、では残りの62%はどこで生産されているかと...

2021/02/02 18:41

「多在融合法則」

1つの点は角度を持たないが、この点の両端から点が連続するとそれは線になり、線が2本交差した時からそこには角度と言う旅が始まる。 直線は平面の概念が存在しない為、ここに角度を求める事は難しいが、...

2021/01/31 18:33

「サバ味噌煮定食」

30年近く前、どう言ういきさつでそうなったのかは解らないが、最先端のデザインと伝統をコラボレーションしたものを創りたいと言うデザイナーから連絡が入り、そして私は東京へ打ち合わせの為に赴いた時があっ...

2021/01/31 18:32

「株の適正価格」

この世界のあらゆる物質、生命を含めてその価値を問うなら、全てのものは価値が存在しない。 我々が思う価値とは人間社会の物質的、精神的需要に拠って成立し、この需要は普遍性と汎用性を持ちながら時と場...

2021/01/29 17:59

「意匠遠近法」

遠近法の種類はその消失点の数で分類するなら大まかには3種、理論的には無限に存在する事になるが、ここで言う消失点とは例えば車のヘッドライトの光点は2つだが、遠くに有る場合はこの光点が一つに見え、理論...

2021/01/27 19:04

「未 来」

かつて夢みたものは、それが叶ったのではない。それらはみな、辿り着いたら崩れ去った・・・。夢を一つずつ瓦礫にしながら、今もその崩れ去ったものの上に立つ。あの山の向こうに何が在るのか見たい・・・。いつ...

2021/01/24 17:34

「高い気温と地震」

 [保勘平宏観地震予測資料編纂室 公開通知第4016号] 地球の陸地の平均高度は840m、これに対して海の平均深度は3800mですから、地球の平均は水深3000mの水の惑星と言え、全海洋面積...